ラジオのすすめ。

ラジオのすすめ。

音楽を聴きたいとき。

あなたは何を手に取りますか。

ウォークマン、iPodをはじめとするミュージックプレイヤー。

あるいは、お気に入りの曲が入ったスマホ。またはアプリ。

音楽を楽しむための選択の幅は広がり変化し続けています。

多様に変化してゆく音楽鑑賞のスタイル。

そんななか、昔変わらぬ音楽の楽しみ方があります。

レコードで音楽を楽しむのが一般的だった頃から続く、昔ながらのオールドリスニングスタイル。

それが”ラジオ”という選択。

  • ジオの魅力

ラジオにあって他にないもの。

それは、リアルタイムの音が楽しめるということ。

ミュージックプレイヤーでは流れる曲目が決まっています。

しかし、ラジオから流れる曲に決まりはありません。

様々なジャンルの曲を聴けるため、新しい感性の発掘につながります。

そしてかかせないのがラジオパーソナリティーによるトークセッション。

たとえ一人で過ごす時間であっても、人の暖かみを感じられます。

電波が届く限り、どこにいても独りではありません。

  • がら聴きがラジオの本領

いざラジオを購入してみると、モノラルイヤホン、つまり、片耳にしか対応していないものもしばしば。

しかし、通勤中、通学中にはもってこい。

周囲に注意を払えるため、ランニング、サイクリング中にも最適です。

ラジオは周りの音にとけ込み、街を塗り替える感覚を楽しめます。

  • 界に通じるツール、それがラジオ

旅のお供にラジオはいかがでしょう。

ラジオ、特にFM放送は高音質ながら届く範囲が限られるという特徴があります。

だからこそ、旅先で出会うラジオは新鮮。

そして見逃せないのが、日本国内だけでなく、海外においても現地の音を楽しめるという点。

ミニマリストのバックパッカーなんかには自信を持っておすすめします。

  • 質を求めるあなたに

良音質にこだわった、密閉型イヤホンでの自分だけの音の世界。

そうした世界に閉じこもるのも、気分転換の一つです。

しかし、音の質ってなんでしょう。

“クリア”なことだけが正解なんでしょうか。

もっとごちゃついててもいいと思うんです。

普段私たちが囲まれている生活音や雑音にも、リズムはあります。

その波長に気づかせてくれる、一つのツールがラジオです。

…あなたも”ノイズ”を愛してみませんか。

  • とがき

ラジオ鑑賞は、いつでも手軽に始められる趣味です。

最初はアプリのインストールから始めてもいいかもしれません。

ただ、ガジェット好きのあなたには、是非お好みのポケットラジオを携帯していただきたい。

アナログでニッチ、愛着が湧かないわけがない。

ノイズすらも愛するラジオフェチからの一報でした。

ご拝読、ありがとうございました。

ではでは、今宵も程よいラジオライフを。

ガジェットカテゴリの最新記事