Boz.jp 概要

もの書き坊主による備忘録。

雑多な記事あれこれ。

Boz。

“ぼーず”と読んでいただけると幸いです。

要は”坊主”と掛けているわけで。

“お坊さん”とも言いますが、Bo=「坊」は僧侶の意。

そして、僧侶の集う場所を指します。

ゆくゆくは、集いの場となれば。

そんな思惑も含まれています。

あえて、Bo’sではなく、Bozにしたわけ。

…なんかカッコいいじゃないすか。

オリジナリティ出したかったんす。

ほんとはBo’zにしたかった…。

でもまぁ、それだと某アニメのアーティストさんとダダかぶりしていたわけで。

泣く泣く、えぇ。

Boz.jpとして始動します。

あと、何事にも終わりがあると思っておりまして。

だからこそ、その時々を楽しめるのではないかと。

当たり前が続くわけではない。

その事実が、人生を彩ると思うのです。

刹那的な価値を楽しんで欲しい。

そんな意味を込めて、最後のアルファベット”z”が使われています。

…まぁ後付けなんすけどね。

あ、ちなみにGoogle先生曰く、bozという単語には、”グレー”という意味が含まれているそうです。

英語ではなく、アゼルバイジャン語。

…どこだろ。

黒でもなく、白でもない。

はっきりしない、曖昧。

でも、世の中白黒はっきりさせられることの方が少ないと感じます。

むしろ、曖昧だからこそ多様性があり、面白みがあるのではないでしょうか。

“グレーゾーン”とも言いますが、ちょっとしたぶっちゃけ話なんかも盛り込んでいきたいと考えております。

拙いブログではありますが、生暖かい目で見守ってやってください。

ではでは、今宵も程よいネットライフを。

またのお越しを、心よりお待ちしております。